日清製粉グループ

お菓子百科事典

お菓子作りの基礎辞典 デコレーションの仕方 ソースの作り方 クリームの作り方 家電用品の使い方 泡立て方 材料の計り方
クリームの作り方
 生クリーム
クリームは、塗る、混ぜる、絞るなどによって固さが違ってきます。目的別の固さをご紹介します。(泡立て方については、基礎事典<泡立て方>にてご紹介しています。)

1)クリームを泡立てはじめて、とろみがついた状態になったら「6分立て」。アイスクリーム生地に使う場合はこの程度です。

2)全体にボリュームが出始めて、泡立てた後に軽く跡が残り、ゆっくり消えていくようになったら「7分立て」。ケーキに添える場合には7分立てが適しています。

3)ケーキに塗る場合は、泡立て器で持ち上げてみて、下に落とすと、跡が残るくらいの「かための7分立て」に仕上げましょう。

4)持ち上げてみて角が立つようになったら、「8分立て」です。絞り出してケーキをデコレーションするときは、ここまで泡立ててください。

 カスタードクリーム
シュークリームに、スポンジにと大活躍のカスタード。コク豊かな作り方をご紹介します。

<材料>
卵黄3個分 砂糖80g 薄力粉40g 牛乳400cc バター25g バニラエッセンス少々 

1)耐熱容器に卵黄と牛乳を入れ、混ぜます。

2)次に、砂糖と薄力粉を合わせたものを加え、混ぜます。

3)500Wの電子レンジで1分30秒加熱してください。

4)取り出し、均一に混ぜ再度1分加熱し混ぜます。さらに好みの固さになるまで、30秒から1分単位で加熱し混ぜます。

5)熱いうちにバターとバニラエッセンスを加え、混ぜれば出来上がりです。