日清製粉グループ

お菓子百科事典

世界のケーキ&デザート事典 アジア全般 イギリス編 オーストリア編 アメリカ編 イタリア編 ポルトガル編 ベルギー編 スペイン編 フランス編 ドイツ編
イタリア

 ビスコッティ ズコット
語源はラテン語の「ビスコット」、フランス語では「ビスキュイ」、英語では「ビスケット」という名で知られています。「二度焼く」という意味があり、一度生地をなまこ型に焼いて、そして斜めに切って、断面を上にしてもう一度焼きます。こうすることで、水分が飛んでカリカリのビスコッティが出来上がります。 フィレンツェで生まれたお菓子です。ポンプ型の内側のまわりにスポンジを貼り、その上にチョコレートやナッツを混ぜたクリームを流し込み、スポンジで蓋をして作ります。逆さにしてできた形が「聖職者の帽子」に似ているといわれています。

ティラミス ズッパイングレーゼ
ティラミスはベネト地方で生まれ、「私を幸せにして」という意味があります。マスカルポーネチーズとエスプレッソを使って作られるムース状のお菓子。しっとりとした口あたりとコーヒーのほろ苦さが特徴です。 スープのようにシロップをたっぷり使うことから「イギリスのスープ」という意味の名前がつけられたお菓子です。縁の深い器に、スポンジとカスタードクリームを重ね、その上にさまざまなフルーツを盛り付け、シロップをかけます。使うフルーツは特にきまりはないので、好きなフルーツとそれに合ったシロップで作ります。

パンナコッタ
生クリームから作る口当たりのよいイタリアンデザートです。作り方が簡単で、生クリームを温めて、牛乳や砂糖を加え、ゼラチンで固め冷やすだけで作れます。イタリア語で「パンナ」は「生クリーム」、「コッタ」は「煮る」という意味があります。